鹹蛋って手作りできるんだ
鹹蛋(しぇんだん)とはアヒルの卵を塩漬けしたもの。詳しくはココ

お粥と一緒に食べたり、粽の中の具として入ってたり、
あんこと一緒にお菓子に使われたり(←おいしいんだぁ~)、
客家料理に苦瓜と一緒に炒めたモノ(←これもおいしい)があったりと、
台湾ではポピュラーな食材。

夫はもちろん、私も好きなので時々買ってます。
これがあると便利なんですよ。
おかずがちょっと足りないなぁって時に一品として出せますから。

わが家の場合は、茹で(or 蒸し)た鹹蛋をご飯と一緒に食べます。
塩気が効いてるのでご飯のおかずになるんです(おいおい、本当か!?)。

その場合、黄身だけ食べて白身は捨てます。
ずい分贅沢な食べ方するなぁと思うけど
夫いわく「これはこういうもの」だそうで・・・

確かに、白身の方は高血圧になりそうなくらい塩からいので、
炒め物に使う場合はいいけどそのままでは食べれません。

その鹹蛋がなんと手作りできるそうで早速仕込んでみました。

b0005241_1745135.jpg
ウー・ウェンさんのレシピです。

まずは試しということで、瓶に入るだけの4個で仕込んでみました。

レシピでは八角や花椒を入れるようになってるけどパス。
卵はアヒルではなく鶏卵で。(ウーさんは鶉も入れてました)。

1週間~10日で食べごろだそうです。

家族や友人に好評で、毎回お土産として鹹蛋を持って帰ってるのですが
これが上手くいったら教えてあげよう。
そしたら年一回のお土産を待たずとも食べれるようになるしね。

おいしい鹹蛋ができるかなぁ。そうだといいなぁ。
[PR]
by dearten | 2005-08-02 17:56 | 手づくりスロウフード
<< 暑い日のごはんはコレだね くすぐられる!? >>