センセイの鞄
センセイの鞄 川上弘美

これは一気に読めてしまいました。
だって不思議ワールドではなかったから。
いや、70歳と40歳の恋愛物語はある意味不思議世界かも。

文全体がゆったりとしてて余韻に浸れる。
そしてセンセイのひと言ひと言にやさしい気持ちになれる。
あっさりしてそうで濃い、濃そうであっさり。そんな感じ。

あと、食べ物シーンがいっぱい出てきて楽しめた。
居酒屋へ行きお酒をチビチビしたくなりました!

続編(パレード)があるらしいです。
こうして読んでいくと川上弘美にハマっていくのかな?

これはドラマ化されてるんですね。
センセイは柄本明、ツキコはキョンキョン、サトルはモト冬樹。
うーん、本だけを楽しんだほうがいいかもしれない。
[PR]
by dearten | 2005-03-26 19:26 | 読む・観る
<< ミックスフルーツ缶ゼリー ラスク >>